シリウスで作ったサイトをSSL化しても「保護された通信」にならない件

目安時間:約 5分

 

ここのところサイト作成ツールシリウス(Sirius)で作ったサイトの常時ssl化をやっていました。

 

簡単にいえば

 

http:// ~で始まるのを https://~ へ変更する作業!

 

と、いうか現在も続行中ですが・・・。

 

なにせサイトの数も結構あるのでボチボチやっていきます。。。

 

で、そのssl化作業中少し問題が起きたのでシェアできればと思いブログを更新しました。

 

 

怪しいサイトのイメージが!?

何の問題が起こったのかといえば

 

何サイトかやってみてそのままスグに鍵マークがついて「保護された通信」と表示されるサイトとそうではないサイトに分かれました。

 

 

 

全部「保護された通信」になってもらわなきゃ困るのに・・・。

 

いくつかの特定のサイトが「保護された通信」という表示がされない!?

 

カーソルを合わせクリックすると赤文字で

 

「このサイトへの接続は完全に保護されていません」

 

 

と表示されるのです。

 

なんか、メチャ怪しそうなサイトというイメージがあり、見てはイケないサイトみたいな印象があります。

 

 

サーバー側にも常時ssl化の設定をして、シリウス(Sirius)のほうも設定済みです。

 

さらにアフィリエイトリンク、画像url、アクセス解析のコードなどサイトのソースをすべて確認して交換、貼り替え、削除等しているのに・・・!

 

なんでやねん!(関西人じゃありませんが)

 

って何度もF5を押してリロードし直しても、もう一回アップロードし直しても変わらない!

 

アクセス解析のソースが残ってる!?

そしてトップページは「保護された通信」になっているけど

 

下層ページがなっていないとか!?

 

そんなサイトもありました。。。

 

で、よく見るとその下層ページの下の方に壊れて表示されない画像のようなマークが付いている!?

 

多分、アクセス解析の広告のような・・・!?

 

昔作っていたサイトにはi2iのアクセス解析を入れていたんだけど、今回、常時ssl化を進めるに当たって「i2i」のコードをhttps用のコードに貼替えようとしたら有料になっていたので、現在よく使っている「アクセス解析研究所」に貼り替えたハズなのに!?

 

理由はよくわかりませんが

 

どうやら、古いソース削除して貼り替えてアップロードしてもなぜか古いソースが消えないで残っているみたいだった!

 

データを入れ直して大そうじ

そこで、ローカル、web上両方のデータを一度全て削除して再度アップロードし直してみました!

 

するとバッチグー(古!)で成功し、無事常時ssl化に成功し下層ページもすべて

 

「保護された通信」

 

と表示されるようになりました。。。

 

その他まったく原因不明で「保護された通信」にならないサイトも全部、上記のサイトファイルの入れ直しをやったら解決できました!

 

別にi2iのアクセス解析コードが悪いわけじゃありませんが、シリウスのテンプレートが古いとアクセス解析コードを入れ替えても以前のソースが残ってしまうのが原因かもしれません!?

 

(あくまで私個人の想像というか推理なのでアテにはなりませんが!?)

 

とにかく、メデタシメデタシ!

 

もしかしたら同じように悩んでいる人がいたら参考にしてみてくださいね!

 

私もまだまだサイトもたくさん残っているし、WordPressもやらなければなりませんが、慌てずに少しずつ変更していきます。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
たま吉
人気ブログランキング

人気記事ランキング
ブログ内検索
カテゴリー
最近の投稿
おすすめ教材

NEOノンバトルアフィリエイト(超)

>ノンバト(超)レビュー

Twitter


最近のコメント
メタ情報